サーモスタット

ここでは、「サーモスタット」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

画像 080

画像 079
初度登録年月 昭和62年8月  トヨタ(クラウン)  型式 L-GS126V改
H21年8月21日  走行km 119,986km

依頼事項
車検 冷却水(ロングライフクーラント)交換

交換部品 
エンジンオイル4L
オイルドレーンコックG/K
オイルエレメント
ラジェーターキャップ 
冷却水(ロングライフクーラント)
フロントバブ・グリス
フロントハブ・シール

コメント 
上記写真のサーモスタットは冷却水(ロングライフクーラント)を交換
するので整備記録を調べると一度も交換の記録が無いので念の為、
交換をして試運転をしていたらヒートゲージが上がり過ぎていたので取り
外して点検をしてみると98度で開き始めた。(正規の開度は82度)
付いていたサーモスタットを点検してみると外傷も無くシールあたりも
しっかりしていたので再使用した。

新品の部品が悪いとは思わなかったのでラジェーターやファンカップリング
ウォーターポンプなどを点検したので時間がかかりました。

サーモスタットはお客様に請求できず大変でした。
トヨタ共販に返品をして手元に残ったのは返品伝票だけ?

原因推測 
車輌登録が昭和62年なので、サーモスタットが長期在庫の為、
センターロットの噛み付きと推測される。
HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。