整備記録

ここでは、「整備記録」 に関する記事を紹介しています。
徳島市の(有)佐川自動車整備工場です。
このブログでは、実際に我が工場で行った車の整備
点検記録を掲載中です。たまによもやま話もw
皆様ののお力になれれば幸いです(^ - ^)

車検・修理・鈑金塗装・オイル交換・タイヤ交換…etc
徳島で車のことなら (有)佐川自動車整備工場
お気軽にお問い合わせ・ご来店下さい☆
佐川自動車整備工場HP 車の豆知識HP
bb.gif

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  



車名 スズキ・アルト       型式 LA-HA23S    原動機 K6A  
初年度登録年 H13年     走行km 56,039km

依頼事項
クーラーのアイドルアップが効かない

コメント
車両をお預かりする際、エンジンをかけ、(D)レンジに入れて、
それからクーラーのS/WをONにするとエンジンがとまった。
工場に入庫してからは、何も症状が表れない状態だった。

そこで、とりあえず自己診断で測定するも結果は『正常

自己診断機『G-scan』

http://www.inter-support.co.jp/W_Product_Info02/02_1.aspx
を使用してデータ表示したものが↓こちらです。


上記の連続データから、アイドルアップが正常に作用していることが
読み取れます。

取り合えず、ISCバルブの点検と配線の点検をしましたが、
異常はみられませんでした。

また、それとは別に上記のデータで気にかかったのが、
点火時期の変化です。
そこで、スパークフプラグを点検したところ、プラグが不良なことが
判明しましたので交換しました。

017.jpg

HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

スポンサーサイト
012.jpg

車名 スバル・ヴィヴィオ   型式 E-KK3  
初年度登録年 H7年    走行km 95,732km

依頼事項  
エンジンが時々止まるのですが。。。

コメント
お車を引き取りに行き、お客様宅から我が工場まで運転してきましたが
何も異常がおこりませんでした。

そこで更に、我が工場で何度も走行テスト等を行ってはみたものの、
エンジンが止まるといった事態が 全く起きることはなく、
正常そのものでした。
原因が考えられそうなところも点検等してみたりしましたが、
異常がみつかりません。

そこでお客様に、異常が発生しない為、原因が突き止められない旨をお伝え
しました。
また、走行kmが、95,732kmなので、タイミングベルトの交換時期の
10万kmが 近づいているので、近々必要な費用を概算でお伝えしました。

色々と相談した結果、お客様より、
「なおすよりも廃車にして、車を買い替える」
との結論をいただきました。

異常が起きないと、原因を突き止めることがなかなか難しく、診断には
非常に時間がかかってしまいます。

今回の場合は、現状のお車の状態や今後の費用を参考までにお伝え
したことで『廃車』という結論になった為、依頼事項の
『エンジンが時々止まる』件に関しては、原因の追究までには至りません
でした。

異常が起きない場合でも、お客様に現段階での状況をお伝えすることにより
なおすorなおさないの選択を早期にいただくことが出来ました。
もし異常が起きるまでお車をお預かりしていたら…と思うと、こちらの労力に
加え、お客様の負担やご迷惑等をおかけする確率が更に高くなっていたはずです。

何事に対しても、途中経過でも、異常が起きずともまずお客様に情報を提供し
ご判断いただくことが大切であるということを痛感した出来事でした。


★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓


このお車に関して、ひとつ気になったことがありましたので、追記して
おきます。
(お車のエンジンが時々止まるの原因には結びつかなかったことです。)

まずボンネットを開けて、最初に基本点検である
エンジンオイルの量・冷却水の量・バッテリー液の量・ベルトの張り 
を点検してみました。

上記の写真はエンジンオイルの量をチェックする為、
オイル・レベル・ゲージで、量を測ってみたところです。

拡大写真がこちら

014.jpg


オイルの量の規定範囲内(HとLの間)にはオイルはなく、Lの印よりも
下の位置でした。
エンジン自体にはあまり洩れたあとがなく、滲みがある程度なので
お客様のお話しによると、1年ほど前にエンジンオイルを換えたが、
それ以降は交換はしていないとのことでした。

ちなみにオイル・レベル・ゲージでチェックして、規定の範囲内に
エンジンオイルの量が示されていればオイルの量は問題はありません。

これが適正の範囲

013.jpg


エンジンオイルの量は、多すぎても少なすぎてもお車には良い影響を
あたえません。規定の範囲内の量を保っているかのチェックをする為
点検も必要だと思います。

たまには日常点検をしてみるのもいいかもしれません。

佐川自動車整備工場では、
エンジンオイル交換時に
15項目の日常点検』を無料で実施致しております。

その際、不都合箇所がみつかれば、その場でアドバイスさせていただき
ますので、ご自身の愛車の状態の参考にしていただければ幸いです☆

どんなエンジンオイルを使用しているの?と不安な方は、
徳島市 佐川自動車整備工場の豆知識ブログ
エンジンオイルの豆知識を参考にしてみて下さいっ。


HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

011.jpg

車名 トヨタ(ハイラックス)      型式  KF-LN172H
初年度登録年 H16年         走行km 116,566km

依頼事項
まず見積りしてもらってから、車検をお願いするか否かの
判断がしたいとのこと。

コメント

『車検見積無料でします』と書いてあったのを見て、とある整備工場で、
見積書を作っていただいたそうです。

「その際、ブレーキドラムも脱着して点検確認をしていましたか?」
とお客様に尋ねると、ブレーキドラムは脱着していたとのことでした。

見積りにかかった時間は、だいたい30~40分ぐらいだったそうです。

そのお見積書をお客様の確認を得て、拝見させていただき、
我が工場で点検し確認した部分を照らし合わせた結果、
そのお見積書には、抜け落ちていた部分がありました。

それが、上記写真のエアークリーナー・エレメントと、ベルトの緩みでした。

通常エアークリーナー・エレメントは50,000kmが交換時期に
なっていますが、車に搭載されていた整備記録を見ると交換した記録が
ありませんでした。

しかも、このエアークリーナー・エレメントは、上記の写真のように
浮き弧がレッドゾーンにあり、つまっていました。

お客様に車検のお見積書をお渡しし、検討していただいた結果、
お願いしますとのことでしたので、車検と同時にこちらの部品も
交換をさせていただきました。

我が工場では、エアークリーナー・エレメントの良否の判断だけでも
まずテスターにかけて調べる→清掃して再度点検→整備記録を調べる
といった手順で行っています。それだけでも15分はかかってしまいます。

きちんとした車検のお見積りを出すとなると、30分ではとても出来ません。
短時間でのお見積りで、実際作業をした後、追加料金がかさみ、
当初の料金よりも高額の車検代がかかってしまったというお話を聞くことが
あります。

そのようなことがないよう、車検のお見積りには約半日~1日のお時間を
いただいております。
ただ、どうしても作業を進めていると、修理や交換すべき部品が出てくる
場合がありますので、その際は、金額等お客様にお伝えしOKをいただいて
から作業を行うことにしています。

また、この車両はトヨタ系ディーラーさんで整備をしており、整備記録簿が
搭載されていたので、そこから調べることができました。
大方の車両には、整備記録簿が搭載されていない(整備業者が搭載していない)
のが多いのが事実です。

整備記録簿は、車検や点検をした際のお車の状態を示したモノですので、
我が工場では、車検をさせていただいたお車には、必ず搭載させていただいて
おります。
次回車検時のお見積りや修理の参考にもつながってきますので、大切に保管
していただければ幸いです。

HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

009.jpg


車名 スズキ(エブリイ)     型式 LE-DA62V  
初度登録年 H16年       走行km 174,835km

依頼事項 
オイル漏れがしている。

コメント  
クランクシャフト・オイルシール(前)よりオイル漏れがあり
リブベルトにかかりゴムの部分がふやけた状態になっていた。
これがもしVベルトであれば、外れており走行できない状態になっていたと思う。

010.jpg


HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

006.jpg


車名 ホンダ(セイバー)        型式 E-UA2  
初年度登録年月 H7年12月    走行km 170,431km

依頼事項 
エンジンルームから煙がででいる

コメント 
ディストリビューターより、オイル漏れがしていた。
ディストリビューターの下にマフラーがあり、そこに漏れたオイルがあたり、
煙がでていた。

整備費用   
ディストリビューター(リンク品)   ¥21,000   
    ”         交換料     ¥ 3,900


リンク品とは、内部の故障している部品を交換した修理品の事。
よって使える部品はそのまま使用している為、新品より安くすみます!!

今回の場合ですと、

リンク品価格   21,000円。

新品価格だと   32,400円。

差額はなんと 11,400円!!

お客様が経済的かつ安全にお車に乗っていただけるよう、
佐川自動車整備工場では、ご予算にあわせて、お客様とご相談の上
新品部品以外に、リンク品やリビルト品といった部品があるものに関しては
オススメさせていただいております。

「なるべく安く…」の声にこたえられるよう日々努力しておりますので
お気軽にご相談下さい


ディストリビューターは、自動車のエンジン部品のひとつ。

005_20100610143824.jpg

HP (有)佐川自動車整備工場

お役に立ったらポチッと。ランキング参加中
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。